分科会活動

本研究会では、会の目的実現のため、テーマ別に分科会を設け活動しています。

 

食品廃棄物有効利用分科会

膨大なエネルギーを消費して焼却処理される生ごみの有効利用について調査研究を推進。「生ごみ減量ハンドブック」、「食品リサイクル報告書」を発行。2011年より「生ごみ減量普及員養成講座」を開講し、市民レベルでの生ごみ減量活動に取り組んでいます。

 

木質系廃棄物有効利用分科会

廃材や不要家具などを活用した木工製品・人形作り・玩具作りを各種イベントで実施して木質系廃棄物の有効利用に取り組み、その利用方法が市民から好評を得ています。

 

溶融スラグ等有効利用分科会

溶融スラグのリサイクル製品であるロックウール利用拡大に取り組む。2009年開催の緑化フェア以降、苗床に利用普及を進め、今年度は県下6ケ所の協力事業所でロックウールを培地とした「緑のカーテン」の実証栽培を行っています。

 

普及啓発・教育プログラム運営分科会

持続可能な社会を展望するなかで、大量生産・大量消費の社会から、良い物を作り大切に長く使う社会への転換策を模索し、その普及を行うことを目指して①学習 ②研究 ③見学会の実施 を3本柱に毎月輪読会を実施しています。

 

リサイクルシステム評価分科会

地域の循環型社会システムの構築に向けて、どのような3Rアクションが効果的かを定量的に評価することを目的とし、いくつかのマテリアルリサイクルを取りあげて、マテリアルの流れ、処理方法、製品価値、供給及び需要の安定などを調査・研究しています。

 

小型家電リサイクル分科会

「家電リサイクル法」では未構築の小型家電リサイクル網の構築・リサイクル技術の研究を目的としてセミナーや見学を実施、2012年度には小型家電リサイクルに関する提言を兼ねた報告書を岡山市へ提出しました。

 

子供らの 未来を照らす リサイクル

 

岡山市エコ技術研究会は、リサイクルに取り組む市民の皆様に学びの場・交流の場をご提供するために様々な講座・講演会等を開催しています。あなたのご参加をお待ちしております。

 

分科会活動の模様(一部)

食品廃棄物有効利用分科会

「生ごみ減量普及員養成講座」

多くの参加者がダンボールコンポストの作り方を習得

 

グァムからの視察団に!

グァムからの視察団に「エコちゃんコンポスト」の解説

 

木質系廃棄物有効利用分科会

端材を使って木のおもちゃ作り(旭川荘環境福祉フェア)

「こんなおもちゃができるんだ!」子ども達のあふれる笑顔

 

廃材・廃木も工夫次第でこんなオブジェに

 

溶融スラグ等有効利用分科会

ロックウールを利用した「緑のカーテン」作り

軽くて保水性に富んだロックウールで栽培開始

 

窓を覆うロックウール培地の「緑のカーテン」